Home > サーバー構築スキル > | サーバ構築Tips > HTTP301リダイレクト によるサイト移転・ファイル移動

HTTP301リダイレクト によるサイト移転・ファイル移動

前回は HTMLのメタタグ<meta http-equiv="refresh"・・・・ > を使う方法によるサイト移転・ファイル移動に関するリダイレクト方法をご紹介いたしました。

引き続き今回は 301リダイレクトと呼ばれる方法で .htaccess を使うなどして行う方法についてのご紹介です。

301リダイレクトと呼ばれる方法で .htaccess を使うなどして行う方法

HTTP301リダイレクトとは?

WWWでデータの送受信に使われるHTTPにおけるサーバからの応答の種類の一つで、URLが変更された事を知らせる機能の事 とされています。

サイト移転等の場合 せっかくアクセスが上がっているサイトやページの検索エンジンの情報等が引き継がれるか?ということが気にかかるかと思います。 Googole や Yahoo! のヘルプを調べてみると共にその際の方法として 301リダイレクトと呼ばれる方法を推奨しています

又、Yahoo! の場合は 前回ご紹介したHTMLのmeta http-equiv="refresh"・・・・ を使う方法についても 0秒転送の場合は301 として それ以外の場合は 302 として取り扱うと記載されています。

301 とか 302 とはいったいなんでしょう?

HTTPレスポンスヘッダステータス

HTTP301 や HTTP302 は HTTPレスポンスヘッダーの事です。

Webアクセス中に別のリンク等をクリックした時にブラウザでがサーバーに対してコンテンツの送信要求を行ったときにサーバーが要求されたコンテンツに先立って送信するコンテンツの状態コードが返されます。これをHTTPレスポンスヘッダーといいます。

Webアクセスをしていて該当のページが存在しなかった場合に HTTP404 Not Found 等は見られた事がおありと思います。 これは 該当ページが見つからないという意味で リンク切れをおこしています。

telnet や レスポンスヘッダー取得ツール等を用いると 該当のページのレスポンスヘッダー情報を取得する事ができます。

例えばこの当サイト アフィリエイトで稼ぐためのサーバ構築スキル のヘッダーを取得してみます。

今回は  Web-Sniffer 1.0.30  へアクセスして ボックスに URLを入力して結果を確認します。

 

HTTP Request Header

HTTP リクエストを送ります

GET / HTTP/1.1[CRLF]
Host: www.googrekas.com[CRLF]
Connection: close[CRLF]
User-Agent: Web-sniffer/1.0.29 (+http://web-sniffer.net/)[CRLF]
Accept-Encoding: gzip[CRLF]
Accept-Charset: ISO-8859-1,UTF-8;q=0.7,*;q=0.7[CRLF]
Cache-Control: no[CRLF]
Accept-Language: de,en;q=0.7,en-us;q=0.3[CRLF]
Referer: http://web-sniffer.net/[CRLF]
 

 

HTTP Response Header

すぐに返信が表示されます。

HTTP Status Code: HTTP/1.1 200 OK
Date: Sun, 17 May 2009 10:47:41 GMT 
Server: Apache 
Last-Modified: Sun, 17 May 2009 08:46:34 GMT 
ETag: "10ac343-8cc2-4a0fceea" 
Accept-Ranges: bytes 
Content-Length: 36034 
Connection: close 
Content-Type: text/html 

 

HTTP/1.1 200 OK

上記HTTP Response Header 以下の記述に 「 HTTP/1.1 200 OK 」 とありますがこれがHTTPヘッダーステータスです。

この HTTP/1.1 の後に続く 200 というステータスは「コンテンツがありますよ」という意味です。

 

HTTPヘッダーステータスの種類

HTTPヘッダーステータスには以下の種類があります。

  • 200 : OK
  • 201 : 作成済み
  • 202 : 承認済み
  • 204 : コンテンツなし
  • 300 : 複数選択

  • 301 : 永久に移動
  • 302 : 一時的に移動
  • 304 : 修正れていない
  • 400 : リクエスト不良
  • 401 : 認証されていない
  • 403 : 禁止
  • 404 : 存在せず
  • 500 : サーバー内部エラー
  • 501 : インプリメントされていない

 HTTPヘッダーステータスがわかったところで それでは Google や Yahoo ! が推奨する移動手順「HTTP 301 の(永久的な)リダイレクトとは?どのように行えばよいのでしょうか?

 HTTP301の永久的なリダイレクトとは?

それには「.htaccess」というサーバー制御ファイルを使います。

この「.htaccess」の使用が可能で、RedirectPermanent が使えることが「HTTP 301 の(永久的な)リダイレクト」が使用できる条件です。 レンタルサーバによってはこの.htaccessが使えない場合があるようですので一度御確認をされた方がよいかと思います。

RedirectPermanent は、レスポンスヘッダステータス 301 の「永久に移動」つまり「そのファイルは他のところに移動して、もう戻ってくることはありません」ということを意味します。

又 レスポンスヘッダー 302 は 「一時的な移動で又この場所に戻ってきますよ!」という意味になります。

 

次回は .htaccess による サイト移転・ファイル移動に関する やり方をご紹介いたします。

Trackbacks:0

TrackBack URL for this entry
http://www.googrekas.com/mt/mt-tb.cgi/19
Listed below are links to weblogs that reference
HTTP301リダイレクト によるサイト移転・ファイル移動 from アフィリエイトで稼ぐためのサーバ構築スキル

Home > サーバー構築スキル > | サーバ構築Tips > HTTP301リダイレクト によるサイト移転・ファイル移動

Search
Feeds

Return to page top