Home > サーバー構築スキル > | サーバ構築Tips > アーカイブマッピング変更による旧URLから新URLへのリダイレクト

アーカイブマッピング変更による旧URLから新URLへのリダイレクト

USBメモリー等を媒体にして感染を広げるトロイの木馬の駆除方法をご紹介する為に急遽サイトの公開を早めた為にきちんと公開するためにサイト構成をしているとアーカイブマッピングを変更する必要がありこれまで掲載してきた記事の公開URLが新らたに変更になってしまいました。

アーカイブマッピング変更するとこれら トロイの木馬駆除関連のファイル名も新たなファイル名に変わってしまったしまいました。

今回、このトロイの木馬の駆除に関する記事のアクセスがかなり多くまだまだお困りの方が多いと思われる為、旧URLから新URLへのリダイレクトを設定する事にしました。

サイト移転等をする時に有効な方法だと思いますのでご紹介をしたいと思います。

リダイレクトの種類

大きく分けてリダイレクトの種類には以下の2つがあります

  1. HTMLの <meta http-equiv="refresh"・・・・> を使う方法
  2. 301リダイレクトと呼ばれる方法で .htaccess を使うなどして行う方法

その他、JavaScriptの location.href 又は Location replace( ) を使う方法等がありますがここでは上記2つの方法についてご紹介したいと思います

又、

  1. HTMLの <meta http-equiv="refresh"・・・・> を使う方法はクライアントサイドで行う方法
  2. 301リダイレクトと呼ばれる .htaccess を使う方法は サーバサイドで行う方法

等と呼ばれております。

HTMLの <meta http-equiv="refresh"・・・・> を使う方法

今回のようにアーカイブマッピングの変更による 10数個の記事のファイル名の変更によるURL変更に対処するなら 1.のHTMLの <meta http-equiv="refresh"・・・・> を使う方法がお手軽ですがページ毎にメタタグを記入していかなくてはいけませんのでサイト移転等大量のデータの移転には少々大変です。

そのような場合は 301リダイレクトと呼ばれる.htaccess を使うなどして行うサーバサイドで処理する方法が良いと思います。

初めて使う場合、わかりにくいので具体的に書き方をご紹介いたします。

ホームページビルダー等のアプリケーションを使ってWebサイトを作成していると直接タグを書く機会が少ないと思いますが エディター( Windows の メモ帳で OK )を使います。

それでは方法です。

ます、旧のWebページを エディター ( Windowws メモ帳など ) で 開きます。

直接クリックすると IE 等の ブラウザで開いてしまいますので " 送る " → " メモ帳 " 等を選択して

エディターで開きます。

メモ帳 を開いておいて そこに ファイルを ドラッグ& ドロップしても オッケーです。

以下の 構文を 変更したいページ毎のHTMLヘッダのmetaタグに以下の記述を加えます

<meta http-equiv="refresh"content="転送までの時間;URL=新URL">

具体的には以下のように 記述します。

<meta http-equiv="refresh"content="5;URL=http://www.hogehoge.co.jp/hoge1/hoge.html">

転送までの時間を 0; にすれば0秒転送になります。

旧ページに 「このページの新しいURLは次に変更になりました」等の記述をいれて変更を通知したい場合は ここに適当な時間をいれてあげればよいと思います。 

Yahoo ! では HTML <meta http-equiv="refresh"・・・・> の 0秒転送は 301リダイレクトと同じ扱いらしい

Yahoo! のヘルプには 0秒転送をすると 301リダイレクトと同じ扱いになって検索エンジン情報も新ページに引き継がれる又、0以外にすると 302転送となると書いてあります。

Google にはそのような記載はありませんのでどのような扱いになるかははっきりわかりません。

又、レンタルサーバによっては .htaccess の使用が制限されている場合等あるようですのでその場合は この METAタグを使ったリダイレクトを使うしか方法が無い場合もあります。

基本的にサイトの移転等の場合は301リダイレクトを使うのがお勧めですが上記の場合Yahoo!には0秒転送は 301リダイレクトと同じ扱いとなる と明記されていますので 覚えておいた方がよいと思います。

 

301リダイレクトと呼ばれる方法で .htaccess を使うなどして行う方法

.htaccess を使う等して 一括で リダイレクトを指定するやり方です。

 HTTP 301 リダイレクトとは?

 WWWでデータの送受信に使われるHTTPにおけるサーバからの応答の種類の一つで、URLが変更された事を知らせる機能の事

HTTP1.0では 301が完全移転 302 が一時退避という事になっています。

HTTP 404 Not Found や HTTP 403 Forhffen 等は 確認された事があると思います。

又、先ほど少し触れましたが Google や Yahoo ! は サイト移転には 301 リダイレクトを推奨しています。

長くなりましたので、HTTP 301 リダイレクトによる 方法については 次回 もう少し詳しく触れます。

Trackbacks:0

TrackBack URL for this entry
http://www.googrekas.com/mt/mt-tb.cgi/18
Listed below are links to weblogs that reference
アーカイブマッピング変更による旧URLから新URLへのリダイレクト from アフィリエイトで稼ぐためのサーバ構築スキル

Home > サーバー構築スキル > | サーバ構築Tips > アーカイブマッピング変更による旧URLから新URLへのリダイレクト

Search
Feeds

Return to page top